MENU

ボニックの超音波機能は脂肪を分解する

 

ボニックはEMSと超音波の刺激を同時に皮膚に与える事が出来る製品です。

 

ボニックの発する超音波は1秒間に100万回となっており、その振動を与えられると脂肪を燃焼を促す効果が期待出来ます。

 

通常脂肪はそれぞれがしっかりと組み合わさった状態になっています。

 

そのままの状態ではどうしても固まっているため、なかなかダイエットをしても減りません。

 

そのがっちり組み合わさっている状態を開放する為に刺激を与える事、固くなった脂肪をほぐす事がダイエット等では行われます。

 

ほぐす方法としてはマッサージも有りますが、それと同じかそれ以上の効果を短時間でも期待する事が出来る物が超音波です。

 

高速振動を与える事が出来る方法となる為、固くなった脂肪をバラバラの状態にしやすくなります。

 

そのため、何もしない時に比べると効率よく脂肪を燃焼させる事が出来得るという事に繋がります。

 

また、同時に行われているEMSは筋肉を電気刺激によって動かすものです。

 

運動をしなくても自然に筋肉を動かす効果が期待出来ます。

 

ボニックの場合は超音波とEMSの両方が行われる製品となっています。

 

発せられる超音波によって脂肪を振動させ、それによって分解、さらに発せられる熱によって代謝が上がり燃焼しやすい体となる仕組みです。

 

勿論筋肉も同時に動かす事が出来る為、ただ脂肪を分解したときよりもより燃焼効果が高くなる為、超音波機能とEMSで相乗効果が期待できる製品です。